【注】
↑の写真のシルエットはJUGEM提供のものです。●年前なら本人イメージに近かった・・・かもしれません。
   
Awingの税理士・丹羽和子は、シングルマザーの税理士です。シングルマザーが子育てをしながら税理士を目指した日々&開業のために奔走した日々&書籍出版に向かった日々をご紹介いたします。(週1回程度の不定期更新予定です。)
崖っぷちから始めた〜シングルマザーの税理士合格記
このブログが本になりました!
崖っぷちから始めた
シングルマザーの税理士合格記
(中経出版)

平成18年4月20日頃、全国書店にて一斉発売!

お求めはAmazon.co.jpまたは最寄の取扱い書店まで
<< 第17話 税務調査の実態! | main | 第19話 講師の楽しみ >>
[-]  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


↓人気ブログランキングに参加しています。
頑張るキモチを感じた方は、ぜひ投票をお願いします。
人気ブログランキング
- | - | -
[開業編]  第18話 驚きの無料税務相談

無料税務相談とは?



今年も『所得税の確定申告』が近づいてきました。
年末調整から所得税の確定申告へと続くこの時期は税理士事務所にとって
繁忙期となります。

この『所得税の確定申告書』の受付開始にあわせて毎年各地で無料税務相談会が開催されます。

私も毎年地元の市役所で行われる相談会に参加しています。
これは所属している税理士会の支部からの要請によるもので、原則的には
支部に所属しているすべての税理士が期間中に最低1日は参加しなければ
ならないというルールがあるのです。

私が参加している無料税務相談会は、9時30分〜16時まで
マンツーマンの対面形式により行われます。
番号札の順番にご相談を受け付けますので、朝早くから会場に
お越しになる方もたくさんいらっしゃいます。

初めてこの相談会に出向いた時には、予想を超える多くのご相談者に驚きました。
無料税務相談では短時間にできるだけ多くの方のご相談を受け付けるために、申告内容をある程度限定しています。
一番多いのは『年金受給者』の申告で、他には医療費控除や住宅取得控除の申告などについて対応します。

税理士事務所の業務として携わる所得税の確定申告は『事業経営者』の申告が中心ですので、日頃の業務とは少々勝手が違います。
この状況を知る前には
「ひょっとしたらお客様とのご縁のきっかけになるかもしれない」との
淡い期待を抱いたりしたものですが、現実はさにあらず。

相談会での人間模様



ご相談者の申告内容と資料を確認して、申告書の書き方をご説明していきます。
ここで税理士が申告書を書いてしまえば時間は節約できるのですが、
身体的に筆記が困難な場合を除いては申告者自身が申告書に記入をするということになっています。
数字にあまり馴染みがない方の場合には、金額を記入する部分を指で示して
「ココから、書いてください。ココですよ〜!」といった具合で
ひとつひとつ確認しながら進めていきます。

慣れない書類を前に悪戦苦闘のご相談者もいらっしゃいますが、無事に申告書の作成を終えて、ほっとした顔で帰っていかれる様子を見ることが
私のささやかな喜びです。
外見では気難しそうな方がお話してみるとそうでもなかったり、家族のお話をする方もいらっしゃったり、限られた時間ではありますがいろいろな方とお話をしているうちに一日が終わると、帰りにはグッタリしてしまいます。
(正直なところ日常の仕事より精神的な消耗が激しいのです。)

初めての相談会でビックリ!



私が独立開業してから初めての無料税務相談では、今でも記憶に残る出来事がありました。
その日の担当税理士は、私の父よりも年上であろうと思われる先輩税理士と
私の2人でした。
いかにも威厳のありそうな先輩税理士と駆け出し税理士の私。

緊張の中、ご相談を受けていると隣の相談コーナーから先輩税理士の声が
聞こえてきました。

「なんだ、こんなコトもわからんのか!」
「あんた、こんなことじゃ申告は通らんよ!」
「これだからシロウトは困るんだわ」

これでもかと次々に浴びせられるコトバの数々とそのコトバを浴びて
泣きそうになっているご相談者の姿。
そしてピリピリした会場の雰囲気・・・。
何分私自身も初めての相談会ゆえに勝手がわからなかったこともあり、
強いショックを受けてしまいました。

『教えてやっている』と言わんばかりの傲慢な振る舞いはその後も続きました。
さすがに抗議の声があがったらしく、途中からはその先輩税理士の前には
ご相談者が座らなくなり、私の方にご相談者が集中してしまいました。
手持ち無沙汰になった先輩税理士が私の所へやってきて一言。
「ワシはアンタのように甘っちょろい指導はしないけどねぇ。ま、若いから
いいんじゃないの!」

この方は異星人ではないかと思うくらい、驚きました。
その後本当にこの世から旅立っていかれましたが、税理士という職業を
どのように捉えておられたのでしょうね。

ちなみに、こんな出来事はその後は起きたことがありません。

↓人気ブログランキングに参加しています。
頑張るキモチを感じた方は、ぜひ投票をお願いします。
人気ブログランキング
開業編 | comments(2) | -
[-]  スポンサーサイト

↓人気ブログランキングに参加しています。
頑張るキモチを感じた方は、ぜひ投票をお願いします。
人気ブログランキング
- | - | -
先輩税理士さんのお話にはとても驚きました。
もちろんこのような方はほとんどおられないと思いますが。。

私自身の考えでは、税理士といえどもサービス業だと思います。
より顧客満足を追求することのできる税理士を目指していき
たいです。

まずは勉強勉強^^;
ペンギンパパ | 2006/01/17 9:56 AM
ペンギンパパさま

私も税理士はサービス業だと考えていますので全く同感です。

ただ、特に年配の税理士を中心に『先生稼業』というスタンスの方が多いように感じています。
ペンギンパパさんのような志を持った仲間が増えてくれると嬉しいです!!
Awing | 2006/01/18 7:44 PM









 
 
PROFILE
 
人気ブログランキング
↑頑張るキモチを感じた方は
↑ぜひ投票をお願いします。
 
NEW ENTRIES
 
 
CATEGORIES
 
 
ARCHIVES
 
 
RECENT COMMENTS
 
 
RECENT TRACKBACK
 
 
LINKS
 
 
PAGETOP